ISMS, プライバシーマークおよび商品に関する質問と回答をご紹介

品質マニュアル内の「4.2.4 記録の管理」という記述について

2020/08/04

(1) 品質マニュアルの「8.1 運用の計画及び管理」のe)項に、「4.2.4 記録の管理」という記述があります。
この「4.2.4記録の管理」はどこを指していますか?

(2) 「打合せ記録簿」や「受注内容確認書」等のサンプルが、土木関係になっていますが、IT(ソフトウェア開発)等のサンプルはございませんでしょうか

ご質問(1)に関してでございますが、こちらは、旧規格(2008年版)への対応記述が、そのまま残っておりました。申し訳ございません。

旧規格では、「4.2.3文書管理」と「4.2.4記録の管理」と、文書と記録が別の要求事項として存在していましたが、現行では「7.5.3文書化した情報の管理」として一つにまとめられ、その内容もほぼ網羅されております。
よって、ご質問①に関しては、「7.5.3文書化した情報の管理」になります。
具体的には、「文書管理規程」 の「4記録」が該当することになりますから、以下のように書き換えて下さい。

(訂正前)
e)・・・必要な記録は、「4.2.4 記録の管理」に従い明確し、・・・

(訂正後)
e)・・・必要な記録は、「文書管理規程」の「4 記録」に従い明確し、・・・

なお、以下の場所も改定時に修正忘れの場所です。
お手数をお掛けしますが、修正いただけますようお願いいたします。

(修正場所)
・「8.4.1 一般」の最終行
・「8.5.3 顧客又は外部提供者の所有物」のd)

(修正箇所)
”…「文書管理規程」(4.2.4参照)に従い…”

(修正)
「(4.2.4参照)」を削除してください。

ご質問(2)に関してですが、大変申し訳ございません。
IT(ソフトウェア開発)等のサンプルは、ご用意できておりません。
なお、こちらの2つの文書は、業務手順書に関連するものです。
よって、要求事項に注意して、既にご使用になれている文書や実施形態に合わせられるのが、一番良いかと思います。
他社様の例では、営業員がメモや議事録などで確認を行っていたため、打合せ記録簿や受注内容確認書ではなく、それらを手順書にて明記しておりました。